惜春や熱きシャワーを満面に

若かったね、と自分に対して思う。歳をとるなんて事は考えてもみなかった。サッと泳いで、サッとシャワーを浴びて、サッと帰っていたのは当時の事。今はゆっくり泳いで、ゆっくりジャグジーにつかり、ゆっくりシャワーを浴びて、ついでにシャンプーまでして、体重と血圧を測って帰る。とにかくクールダウンは重要で、熱きシャワーなんて持っての他なのである。(1998年春詠)

「惜春や熱きシャワーを満面に」への2件のフィードバック

  1. ゆっくり泳ぐ・・・・これがなかなか難しい技です。力を抜いてゆっくり楽に泳げば長い距離を泳げるのだろうけど40で初めて泳げるようになった水泳初心者の私には無理です。
    どんな頻度でどの位の距離を泳ぎますか?
     東京単身時代は家の狭い風呂に湯を張るのも面倒なのでもっぱらシャワーにしていました。たまの土曜日か日曜日はスポーツジムで泳いでその後に広いお風呂で足を伸ばして湯に浸かりサウナで汗を流し按摩器の上で短い眠りを楽しみました。
    今は走る事が多いのでプールに行く事はほとんど有りません。

    1. その通りです。私も自己流の泳ぎなので、ゆっくりは難しいです。
      これも世間との接点と思って、用事がない限り毎日行くようにしています。
      最低1000m、長くても2000mぐらいなものですが、途中で休むと次が続かないので、可能な限り泳ぎっぱなしにします。
      同じコースに何人も入るし、最近は歩いている方も多いので、自分のペースで泳げる事はまれです。
      たぶん走るほうがストレスには良いように思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です