トンネルを抜けて水来る春の川

自然の川の流れも良いのだが、琵琶湖疏水を見てからは人工の流れにも惹かれるようになった。掲句は琵琶湖疏水では無く、川というか用水というか、水が丸ごとトンネルから出て来ていた、普通の田舎の小さな流れの風景。人工の流れにはトンネル以外にも、橋を渡ったりサイフォンの原理で川の底をくぐったりと、風景ののどかさとは別の面白いことがある、、、。(2014年春詠)

「トンネルを抜けて水来る春の川」への2件のフィードバック

  1. 疎水は先人の知恵のたまものですね。伏流水の湧く町や水のきれいな町にはあこがれます。私の幼いころの川の記憶は、群青色の鼻を突く臭いですもの。学生服の町でしたからね。染工場からの排水が垂れ流しでした。今はずいぶんきれいになりましたが。
    それにしても、写真の構図がいいですね。倉敷ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です