重さうな空をささへて栗の花

大きな栗の木の全体を覆うように白い花が咲いている。その上に深く曇った重そうな空がある。まるで大きな栗の木が空全体を「ヨッコラショ」と支えているように見える。梅雨の空はいかにも重そう、、、。(2014年夏詠)

「重さうな空をささへて栗の花」への2件のフィードバック

  1. ♪大きな栗の木の下で・・・・
    単純な自分は歌を連想したけれど、牛二さんは空をささえると連想される。
    この違いが句作に生きるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です