ゲートボール一人球打つ晩夏かな

散歩の終点と決めている河川敷公園の端に二面のゲートボールのコートがある。以前は通る度にボールを打つ音やお年寄の歓声が響いていたが、流行がグランドゴルフに移り、急激に衰退して行った。それでも時折一人でトンボ(T字型のグランド整備用の道具)を引いている人の姿があり、今でもコートには草一本生えていない。掲句、その整備をする人と同じかどうか遠目で分からなかったが、夕方のコートで一人練習する人を見かけた時の句、、、。(2012年夏詠)

「ゲートボール一人球打つ晩夏かな」への2件のフィードバック

  1. ゲートボールが衰退とは知りませんでした。
    ゲートボール殺人が有る位だから、人間関係が難しいスポーツなのでしょうか?

    1. そんな事は無いと思います。
      ただ、それまでスポーツに縁の無かったお年よりにとっては、スポーツ以上の感情が入ってくることも想像は出来ます。
      と言いながら、ゲートボールのルールは全く知りません。
      違っていたらごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です