夕日濃し赤きトマトの透けるほど

ダム湖の展望台で、足元のはるか下に見える湖面を見ながら句作をしていたら、後からお年よりに声をかけられた。「ちょっとお話させてください」「はい」と返事をすると、自分がその近くで生まれ育ったこと、16歳で近くの発電所に就職したらすぐに広島に行かされ、爆心地から1.6kmの所で被爆したこと、その後材木商の仕事をして、このダム建設に携わったこと、いろいろ在ったがここに来て山を見ると生きていて良かったと思うこと、を、一気に話された。最後に「私はもう年寄ですが、見ればあなたはまだお若い。人生はこれからです。しっかりがんばってくださいよ。お邪魔しました」と言い残し、シルバーマークを二つも付けた軽自動車で帰って行かれた、、、。その時はその方が被爆者で、初めて被爆体験を直接お聞きしたことで頭がいっぱいでしたが、後で考えると、これって俳句仲間から時々聞く、例の勘違いだったのかも知れない、、、。今日は原爆忌、七十年の平和をもう一度考えてみたい。黙祷、、、。(2014年夏詠)

「夕日濃し赤きトマトの透けるほど」への4件のフィードバック

  1. 俳句仲間から時々聞く、例の勘違いって何ですか?

    今年は70回目の原爆の日、一向に核兵器は無くなりません。
    被爆者は年々減って行かれます、核兵器が残ったとしても、せめて新しい被爆者は出ませんように。

    1. 俳人が句作に没頭している姿を知らない人が見ると、ちょっと異様に見えるようです。
      M恵さんは桜を眺めていて「大丈夫ですか?一人で帰れますか?」と声をかけられたとか、Y子さんが大きな風呂敷包みを抱えて雑草を眺めていたら「これを持って行きなさい。私はまだ持っているから」と自転車で通りがかった男性が袋ごとロールパンをくれたとか、勘違いされたと思える笑い話があるのです。
      もしかしたら私も今にも飛び込みそうな異様な姿に見えたのかも知れません。

    1. ありがとうございます。
      下に書いた money.child さんへの返信の勘違いです。
      ブログ、楽しみに見ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です