図書館の返却ポスト天清和

近くの図書館へ本の返却に行くとCLOSEの札、仕方が無いので横の返却ポストを利用する。どういう仕組みになっているのか、ポストの大きな口の中に本を置くと、本は落ちたような気配は無くスルリと飲み込まれて行くのでした。さてどうしよう。周囲を見回すと、小さな公園にもテニスコートにも人は無く、木々の上にはただ穏やかな五月の空が広がっているのでした、、、。(2015年夏詠)

「図書館の返却ポスト天清和」への2件のフィードバック

  1. 最近は同級生のN君に教わった今野敏の本を読んでいます。
    いわゆる警察物ですが、良く出来た話と登場人物の関係性が面白くはまっています。
    牛二さんはもっぱら俳句関係の本ですか?
    当方の図書館の返却ポストはすべり台の様に傾斜が付いている単純なものです。
    落ちた気配なく飲みこまれるポストとはどんな構造なのでしょう、気になります。

    1. たぶん構造としては同じようなものだろうと思います。
      最近の図書館の本は上手くビニールのカバーがかかって傷まないでいいですね。
      すべりも良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です