腑分け図を見て来し後の秋気かな

津山の城東地区に洋学資料館があります。昨年そこの企画展で江戸時代後期に津山で行われていた罪人の死体を使った腑分け図の展示があるというので怖いもの見たさもあって見に行きました。その後で詠んだ句です。迫力がありました、、、。(2015年秋詠)

「腑分け図を見て来し後の秋気かな」への2件のフィードバック

  1. 今日は投稿が遅かったですね。

    何年前だったか、人体をいろいろな観点で薄くスライスしたり、血管だけを見せたりする展示が有りました。
    腐らない様に処理されていたのですが、見ていると何か匂って来る様な感覚になりました。
    あまり気持ちのいいものでは無いですね。

    1. 凡ミスで、日付の入力を間違えていました。
      昨夜もチェックしたのにね。
      まあ敬老の日らしくていいかも、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です