間延びして鳥の声する朝曇

今日は大暑、、、。子供の頃に朝目覚めると、遠くの山から何んとも不気味な、悲し気な声が聞こえることがありました。何だろうと思いながらもいつもうやむやで、次に聞くまで忘れているのでした。成長して横溝正史を読むようになると、その中に「鵺(ぬえ)」が出てきました。その記述が子供の頃に聞いた声とあまりにも一致するので、たぶんあれがヌエではなかろうかと思うようになり、その声を思い出しながら小説を読みました。やがてインターネットが始まると、その中は知識の宝庫でした。ヌエの正体はトラツグミという鳥と書いてある。姿も見えるし、声も聞こえる。恐る恐る聴いたその声は見事に一致しました。なんだ、あの不気味な声の正体はこんな鳥だったのかと、、、。掲句の鳥はヌエではありません、、、。(2016年夏詠)

「間延びして鳥の声する朝曇」への2件のフィードバック

  1. 夜聞こえてくる鳥の鳴き声というと、実家でよく聞いたホーホーホッホーと鳴く声を思い出します。
    フクロウかなと思っていましたが実際に見た訳でも無く正確な事は分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です