軒下を伝ひ行く猫秋の雨

倉敷での句。田舎の猫はこうは行かない。雨が嫌いな猫は身を潜めて、ひたすら雨が止むのを待っている。そうでない猫は、濡れて帰るか、、、。(2016年秋詠)

「軒下を伝ひ行く猫秋の雨」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です