「あくび猫ついでに伸びをうららけし」への2件のフィードバック

  1. 光陰矢のごとし、速さは増々増して行く感じがします。
    春のうららの隅田川、この歌を音楽の時間に歌ったのは何年前でしょう?
    小学校6年生の今時分、総社東中学校の講堂でお江戸日本橋七つ橋の曲を縦笛で吹いた事を思い出しました。
    地域の音楽発表会だったでしょうか?
    もう50年以上昔の事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です