人間の渡れぬ中州きぎす鳴く

上流に出来たダムに伴う河川改修で川がきれいになったのはこの地に住みだして間もない頃だった。それが次第に水流が変化し、二手に分かれて間に中州が形成されるようになった。そこに草が生え、木が育ち、今では本来の向う岸が見えないぐらいの大きな中州になっている。二手に分かれた流れはどちらも水量が多くて人が渡るのは困難、まるで鳥の天国のようになっている。雉の繁殖には最適なのだろう、よく鳴き声が聞こえる、、、。(2017年春詠)

「人間の渡れぬ中州きぎす鳴く」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です