薫風へ開く茶房の大玻璃戸

いかしの舎茶房にて。いつもは閉まっている大きなガラス戸が開いている。外にも席が用意されているのかな?中にも気持ちの良い風が入って来る。まさに薫風、、、。(2017年夏詠)

「薫風へ開く茶房の大玻璃戸」への2件のフィードバック

  1. 昔の実家は呉服を商っていたそうで、玄関の戸は大きなガラスが入ったものでした。
    後年は煙草屋をしていたので、ガラス戸に三枚の紙を貼ってその紙がそれぞれ、「た・ば・こ 」と切り抜かれていました。
    あれは祖父が切り抜いていたのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です