家一戸更地に変はり日脚伸ぶ

この地に住み着いた頃にはすでに空家だったから、かれこれ三十年以上は目にしてきたことになります。古い農家の大きなお屋敷です。とうとうその家の解体が始まり、なんだか寂しいような気がしていましたが、終わってみると残された大きな立木や広くなった跡地にに燦燦と日差が溢れて、、、。(2017年冬詠)

「家一戸更地に変はり日脚伸ぶ」への2件のフィードバック

  1. 最近は各地で放置住宅が問題になっていますね。
    30年以上経ったとはいっても、きちんと解体されたのなら良かったですね。
    解体後はどうなるのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です