日差来て色持つ春の霜野かな

冬は霜が解けても下から出てくるのは枯色、それに比べて春は霜の下から現れるのは活動を始めた植物の新しい色、寒いだけではない、、、。(2018年春詠)

「日差来て色持つ春の霜野かな」への2件のフィードバック

  1. 昨日の岡山は県南も雪になったそうですね。
    知り合いの庭も白く雪が積もって墨絵の世界の様な中に南天の赤だけが目立っていました。
    今日も関東は雪が降るかもと天気予報で言っていましたが、どうなったのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です