春雪嶺山廬かくやと思ひけり

散歩の途中で眺める中国山地の山々、年に数回は見事な雪景色を見せてくれる。そんな景色を眺めていると飯田龍太の句集に載っている甲斐の山々の雪景色を思い出す。この景色だけ見ればたぶんそれに勝るとも劣らないだろうと思うのだが、、、。(2018年春詠)

「春雪嶺山廬かくやと思ひけり」への2件のフィードバック

  1. 俳句をたしなむ人にとっては直ぐに理解出来るのでしょうが、山廬の何かを知らないから残念ながら分かりにくい句になりました。
    飯田龍太さんも、全く知りませんでした。
    蛇笏の名は聞いた事はありますけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です