わら屋根の残る山里桃の花

車で山道を走りながら見かけた藁屋根の家。家の横に咲いているのは桃の花だろう。色が濃い。庭に洗濯物も見える。人が居て生活がある証し。懐かしい故郷のような風景、、、。(2018年春詠)

「わら屋根の残る山里桃の花」への2件のフィードバック

  1. いかにも日本の里山の風景といった様子ですね。
    住む人が無く朽ち行く藁ぶき屋根は寂しいですが、洗濯物が干されていたのだから安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です