路地細しどの家も梅雨のもの干して

これも下津井吟行での句、先日の路地風景です。束の間の梅雨の晴間、密集した家並みのそれぞれの家が、工夫して目いっぱいの洗濯物が干してある、、、。(2018年夏詠)

「路地細しどの家も梅雨のもの干して」への2件のフィードバック

  1. 子供の頃、実家は7人が暮らしていたから洗濯物も多かった事でしょう。
    梅雨時は居間にまで干されていたものです。
    最近は乾燥機なんて便利なものがあるからそういった光景も減って来たかも知れません。
    といっても、我が家には無いですけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です