新涼の風なき庭の草に揺れ

風が無いようであるのかも知れません。あるいは虫でも這っているのかもしれません。抜き忘れている庭の草にかすかな揺れが、、、。(2018年秋詠)

「新涼の風なき庭の草に揺れ」への2件のフィードバック

  1. 新涼ですか、あまり聞かない言葉ですね。
    調べてみたら立秋から白露までの間だけに使われる言葉だとか、確かに朝ランも少し涼しさを感じています。
    日中はまだまだ残暑が厳しいですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です