秋霖や仕舞ひ忘れし庭箒

通り過ぎていく車の音に何となく雨を感じて目が覚めた。起き出すと案の定雨だった。音もない雨が降り続いている。今日が雨なら昨日のうちに、もう少し庭の手入れをしておけばよかったと、天気予報を見逃したことを後悔しながら、新聞を取りに外へ出る。庭に目をやると、昨日仕舞い忘れた箒がぽつんと濡れていた。(2000年秋詠)

「秋霖や仕舞ひ忘れし庭箒」への2件のフィードバック

  1. 総社に住んでいた頃は道に面した門まで遠く、新聞を取りに行くのに一度外に出ていました。
    今は室内から取り込むだけです。俳句に成る様な風情は有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です