夜神楽の神と人とに同じ闇

神楽は宵祭の深夜まであります。神社の本殿が舞台と客席になります。本殿の外にも人が溢れ、さらにその外の一角で、焚火の火が赤々と燃え上がっています。一杯機嫌の大人たちは、炎の熱に顔を背けながら、最近見てきた神楽やら、神楽太夫の評価やら、神楽談義に余念がありません。神楽に飽いた子どもたちは、そんな大人たちの間にもぐりこんでは暖を取り、また本殿に戻って行くのです。(1999年冬詠)

「夜神楽の神と人とに同じ闇」への2件のフィードバック

  1. 土地柄、神楽通が多いだろうから評論家も多いでしょう。
    今年の松尾さんはiPS細胞の事を話しているかな?

    1. O君は立派な神楽太夫になりましたね。
      彼ならもちろん、iPS細胞も出ているでしょう。
      私の父も晩年は本気で神楽太夫をしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です