日めくりや雨水一粒万倍日

降る雪が雨に変わり、積った雪や氷が解けて水になるとの意で、雨水という。 一粒万倍とは、一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意、一粒万倍日は何事を始めるにも良しとする。会社の柱にかけてある大きな日めくりを見ていて見つけた、雨水と一粒万倍日が重なった日。それだけなのだが、なんとも春らしい日ではないか。なんて事を考えて喜んでいたのも今は昔、、、。(2009年春詠)

「日めくりや雨水一粒万倍日」への2件のフィードバック

  1. そうか、そろそろ家庭菜園に春物を植える時期ですね。
    何にするか?お店で見てみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です