仙人掌の花に残りし月の色

いつ誰が植えたものか分からないが、会社の植え込みの中にウチワサボテンがひっそりと生えていた。生えているのは知っていたが、目立つわけでもなく、増えているようにも思えないぐらいのものだった。夏のある朝出勤すると、そのサボテンに花が咲いていた。今までも咲くことはあったのだろうが、気付いたのは初めてだった。それぐらい控えめな黄色をしていた。なぜだかその前日の、退社する時に鍵をかけながら同じ場所で眺めた、月の色を思った、、、。(2011年夏詠)

「仙人掌の花に残りし月の色」への4件のフィードバック

  1. 仙人の掌にとげが有るとは知りませんでした。
    どうして仙人の掌になったのでしょう?

    コメント欄の字体が変わった?

    1. 子どもの頃に転んで手を突いたところにこのサボテンがあって痛い思いをしたことはありませんか?
      あれはやっかいな物です。

      コメント欄というか、全体を変えましたが、前のほうが良いですか?
      どうかなあと思いながらやっていますので、ご意見をお聞かせください。

  2. ロマンチックな句ですね。先日半田山植物園へ行ったときも咲いていました。大きくてぶさいくな仙人掌なので、抜けばいいのにと思っていたので、「おまえ、そんな大きな黄色い花を咲かせる仙人掌だったんだね、ごめんね」とあやまったところでした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です