菊挿芽名札に小さき女文字

前のお宅の女主人が菊を育て始めたのがこの頃だったのだろう。あれから五年、今年もまた軒下の苗箱に整然と挿芽が並び、白い名札が立ててある。小さな女文字が新しい、、、。あれから毎年楽しみにしているが、上手く育つ年もあればそうで無い年もある。気がつけばいつの間にか鉢ごと無くなっていることもあり、大輪の菊を咲かすのは、なかなか難しいようだ、、、。(2008年夏詠)

「菊挿芽名札に小さき女文字」への2件のフィードバック

  1. 小学校の小使いさん(当時はそう呼んでいました。)が大きな菊を育てておられた様な記憶が有ります。
    広島では広島城で菊花展が行われますが大輪や懸崖等、それは丹精を込められたのだろうなという作品が並びます。
    いつの間にか鉢毎無くなっているって花泥棒って事?
    そうだとしたらひどい人が居るものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です