桃太郎生まれ出さうな桃かぶる

売り物にならないからと、桃を一箱いただいた。よく見れば形が多少いびつだったり、物に当った痕だろう、色が変わったところがある。それだけのことで、色と言い大きさと言い、我家で買う安物の桃なんぞよりよっぽど立派である。あれっ?これは大きさも立派だし、傷も無いようだが?ああ、なるほどこれか、まるでお尻、、、。(2013年秋詠)

「桃太郎生まれ出さうな桃かぶる」への2件のフィードバック

  1. 先日も実家からの荷物に二個だけ白桃が入っていたけれどさすがの美味しさでした。
    形が悪かろうが美味しい物がいただけて良かったですね。
    次はマスカットとはいきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です