濁り水山湖の秋を隠しけり

国道429号線を通ると旭川ダムの側を走る区間がある。ここが一番の難所で、片側がダム、片側が山を削った曲がりくねった細い道で、対向車があると止って待たなければならないようなところがしばらく続く。なかなかダム湖の秋を楽しみながらとはいかないが、ちらちらと伺いながら走るぐらいは出来る。掲句、確か台風の後だったと思うが、いつもなら山の季節を映しているダム湖が上流からの土砂で濁っていた。せっかくの秋が、、、。(2011年秋詠)

「濁り水山湖の秋を隠しけり」への2件のフィードバック

  1. 濁り水も湖に映る景色を消す程度に収めて貰って、伊豆大島の様な大災害を起こさないで欲しいです。

    1. その通りです。
      この崖沿いの道を迂回するバイパスが造られているようで、ダムをまたいで大きな橋がかかっています。
      また違った風景が見えるのを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です