人逝くもひとつの話題春炬燵

久しぶりに田舎へ帰り墓参りをしてきた。父が亡くなったのは春のお彼岸、母が亡くなったのは秋のお彼岸、と、無精者の息子を気遣ってのことかどうか、いろいろ纏めて済ませてきた。掲句、まだ父母とも元気だった頃、久しぶりに帰ったの実家の春炬燵で、父ととりとめのない話で時間をすごした時の句。どこそこの誰それが、、、と、聞き覚えのある人の訃報に相槌を打ちながら聞いたものだが、数年後にはその父がその「どこそこの誰それ」になってしまった、、、。(1999年春詠)

「人逝くもひとつの話題春炬燵」への2件のフィードバック

  1. 18歳で田舎を出て以来ずっと四国で暮らし大阪を経て広島へ移って来ました。
    たまに田舎へ帰っても知っているのは近所のおじさんおばさん、
    田舎ともだんだん縁遠くなって行き、たまにお袋から誰それが亡くなったなどと聞いてもピンとこない事の方が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です