川渡る風に道ありつばくらめ

鶴山公園の東を流れる宮川は両岸に遊歩道が整備されており、昼間は少ないですが時々散歩している人を見かけます。上手に稲荷橋、下手に大橋の二つの橋がありますが、面白いことにその中ほどの川の中に飛び石が配置されているのです。水が出れば渡れませんが、そうでなければ、昔に戻ってちょっとスリリングな気分が味わえますよ、、、。掲句はその宮川の上を飛ぶ燕、見ていると何度も同じコースを通っている。きっと空にも飛びやすい所があるのだろう。風が心地よい、、、。(2012年春詠)

「川渡る風に道ありつばくらめ」への2件のフィードバック

  1. 川の中に飛び石が有るなんて面白いですね。
    誰が置いたのでしょう?
    昔から有るのでしょうか?
    渡って見たくなりますね、渡りましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です