黒犬の背に留まりて雪となる

夕刻の散歩で久しぶりに出会った人、会えば犬に声をかけてくれる。「やあ、だいぶ歳を取ったなあ」と尾を振る犬を撫でて、「がんばれよ!」と言い残して去って行った。半年ほど前になるだろうか、人づてにその人が重い病気で岡山の病院に入院されていると聞いていたので、正直出会って驚いたのだが、犬にかけた「がんばれよ!」の一言が、私にはご自分に対する覚悟の言葉のように聞えて、しばらくその後姿を見送った。「がんばってくださいよ!」、、、。(2013年冬詠)

「黒犬の背に留まりて雪となる」への2件のフィードバック

  1. 早くも今年が終わろうとしている今、年の流れの速さを感じざるを得ません。
    大きな病気等無く健康に過ごせれば一番ですがさてどうなる事やら。
    昨日の雪は結局10cm余り積もりました、所用で出かける先の雪を思って急遽長靴を買いましたが思った通り役に立ってくれました。
    今朝は道路も凍っている事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です