園児らの帰りて雛さびしさう

めずらしく雛の句がありました。昨年の二月、倉敷市観光休憩所での句です。休憩所の隅に段飾りのお雛様があり、ちょうど訪れていたお揃いの服の園児たちが賑やかにしていました。句会が始まる頃にはその子たちも帰り、休憩所はいつもの静けさに戻りましたが、なんだかお雛様はみんな寂しそうに見えました、、、。今年も同じ頃その休憩所で句会をしましたが、今年はなんと、休憩所を占領するほど大勢の園児が訪れていて、いやもうお雛様も大変、、、。(2014年春詠)

「園児らの帰りて雛さびしさう」への2件のフィードバック

  1. 弥生3月も既に3日、世の中はひな祭りの日ですね。
    我が家もお雛様を飾りたいところですが、なんせ出すのもしまうのも大変だから簡単に小さな一刀彫の立ち雛を出しただけです。
    広島では宮島やら鞆の浦等で家々に飾られたお雛さまを見る事が出来る様です。
    昨年は柳川お花の古くからのお雛さまを見たり、近隣の吊るし雛を見たりと楽しみました。
    賑やかで晴れやかでいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です