春泥や轍伝ひに行潦

午後の散歩で出会うその女性は、近くに一軒だけある個人商店へ日々の食材を買いに、毎日通われているようだった。最初はヨチヨチ歩きの子供を連れていた頃で、それで声をかけて頂けたのだろうが、以後会釈を交わすようになった。私の連れている子供はやがて二人目に替わり、そうこうしているうちに犬が加わり、犬だけになり、今では大きな黒ラブに替わっている。女性のほうはいつも農作業用の帽子をかぶり、長い間自転車で乗って通われていた。その帽子は今も全く変わらないのだが、この冬から自転車が手押し車に変わってしまった。ちょっとした坂道も平気で登っておられたのが、最近は途中で休まれていることが多い。そんな時に挨拶をすると、目深にかぶった農作業用の帽子の下から弱弱しい笑顔が返ってくる、、、。(2014年春詠)

「春泥や轍伝ひに行潦」への2件のフィードバック

  1. 赤ちゃんや子供の力は凄いですね。自然と大人達を笑顔にさせ、知らぬ同士の会話に繋がります。
    お子さんが小さい頃からだから随分長いお付き合いですね。
    揚句の轍はお知り合いの女性の手押し車が作ったものなのですか?

    1. いいえ、河川敷公園の轍です。
      車で入らなくてもよいのに、入る車があるんですよ。
      それが重なって、だんだん深くなって、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です