茶箪笥の裏を棲家のつづれさせ

田舎の実家は手斧で削った柱が使われているような古い農家だったので、虫という虫は出入り自由だった。秋の夜にはコオロギやらスイッチョやらが突然鳴きだすことは珍しくなかった。今の住いは築三十年を越えたが、さすがに昔の家とは違って建付けも良いので、そういうことの頻度は少ない。少ないが年に何回かは家の中で突然鳴きだす虫がいる。声がすれば捕まえて外に出してやるのだが、時々部屋の隅で干からびていることがあるのが哀れ、、、。(2014年秋詠)

「茶箪笥の裏を棲家のつづれさせ」への2件のフィードバック

  1. 茶箪笥とは懐かしい響きですね。
    昔はどの家にも有った様ですが、最近は見かけなくなったように思います。
    我が家も食器棚やレンジ台等は有りますが茶箪笥は有りません。
    茶箪笥にお八つがおいてある光景が懐かしいです。
    いいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です