天国と地獄ぽてりと椿落つ

椿の種類もずいぶん増えましたね。昔は椿と言えば藪に生えている赤い花を思っていました。「赤い椿白い椿と落ちにけり」 と河東碧梧桐の句がありますが、白は数も少なく珍しかったと思います。我が家のピンクの椿も、植えた当時は珍しいと言われて得意だったものですが、今ではごく普通に見られる椿になってしまいました。掲句はそのごく普通の我が家の椿、今年もたくさん花を付けました、、、。(2015年春詠)

「天国と地獄ぽてりと椿落つ」への2件のフィードバック

  1. 椿というと松山に有る伊豫豆比古命神社はお椿さんの愛称で呼ばれています。
    こちらで毎年旧暦の1月7日に開催される椿まつりは「伊予路に春を呼ぶまつり」といわれています。
    その椿まつりが今年は2月16日で終わりました、伊予路はこれから春を迎える事でしょう。
    県北のそちらは今しばらくでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です