上ばかり見て春塵に見舞はれし

佳い句が出来ないのは下ばかり見ているからかも知れないと、上を見ながら歩いていたらたちまち目の中にごみが入ってしまいました。苦し紛れにこんな句を詠んでみましたが、何事もほどほどにしないといけませんね。これも西川緑道公園での句です。埃っぽい季節になりました、、、。(2015年春詠)

「上ばかり見て春塵に見舞はれし」への4件のフィードバック

  1. 例年だと遅くとも2月11日の祝日には花粉症の症状が出るのですが、今年はまだです。
    人一倍春を感知する能力には長けていると自負していたのですが、老化現象なのかその能力に陰りが出ている様です。
    花粉症がこのまま治まればいいのですが・・・・。

  2. 句のうまい人の後をつけたことがあります。歩いていて、タンポポならタンポポを上から見ます。そしてひざまずいて、じっと見ます。手にとって見ます。とにかく執念がすごいですね。

    1. 私も時々、後ろから見ています。
      その時の句が出てくると、なるほどと思って勉強になる事が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です