首まはしコキコキ音が鳥帰る

コハクチョウの北帰行が始まったと聞いたのはもうずいぶん前のような気がする。散歩途中で見かける川の鴨たちもそろそろ旅立つのだろうが、もう帰りますと言ってくれる訳ではなく、知らないうちに旅立ってしまう。何だか川が広くなったなあと感じる日が近いのは確かだ、、、。(2016年春詠)

「首まはしコキコキ音が鳥帰る」への2件のフィードバック

  1. 太田川にもシラサギやアオサギ、鴨等を見かけますがコハクチョウは見ないです。
    最近は少し下流には鵜が団体で居ついています、県だったか?駆除した鵜に支払う金額を上げて対策に躍起になっている様ですが、追いついていない様子です。

  2. 人間から見ればですが、川鵜はまるでギャングのようですね。
    次々に移動してくるので駆除も難しいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。