仏飯の乾びし午後や鳥曇

しばらくこのシリーズで、、、。手続きやらなにやら慣れぬ事の連続で、ふと気づけばこんな日になっていたのでした、、、。(2003年春詠)

「仏飯の乾びし午後や鳥曇」への2件のフィードバック

  1. 神棚にお供えした昔を思い出します。
    今は、神棚も無ければ仏間もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です