薔薇莟む一日分の紅のせて

薔薇は比較的挿し木がしやすい木だと思う。昔は通りがかりに見事な薔薇を咲かせた家を見つけると、お願いして一枝頂いて帰ったりした。とは言え根気は必要で、素人が挿し木をしてもつく確率は低いものだった。もちろんこちらが差し上げる場合もあった。珍しい紫色の薔薇を、通りがかりのおばあさんに請われて、まだ木が弱いからと思いながらも切ってあげたら、案の定その後で枯れてしまった。後悔先に立たずだが、いまだにその色の薔薇を見ると思い出す、、、。(2016年夏詠)

「薔薇莟む一日分の紅のせて」への2件のフィードバック

  1. 蕾が膨らむとか蕾が付くとか、蕾は名詞としてしか使ったことがなく、蕾に動詞があるとは知りませんでした。
    紫色の薔薇はもったいない事をしましたね。
    見かけたら又いただいて、挿してみてはどうですか?
    松山市に住んだ大学生の時に、萬翠荘の薔薇展を知り見に行きました。今もきれいに咲き誇っていることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です