三条の橋より望む川床明り

<その2>川床は場所によって「かわどこ」と言ったり「ゆか」と言ったりするらしい。賀茂川沿いに並ぶ川床の明りを三条大橋の上から眺めました。どちらかと言うとまだ空の明るさのほうが勝っている中で、明りははんなりとした京都らしい華やかさを見せていました。川床から一段低い河川敷の薄暗がりの河岸には、多くのカップルが等間隔に並んで腰を下ろしているのが見えました。そこには、暗さと共に華やかさを増していく川床や川面とは、別の世界が形成されているように思えました。かぐや姫の歌「加茂の流れに」を思い出したりしました。(2012年夏詠)

「三条の橋より望む川床明り」への2件のフィードバック

  1. 川床は一度も体験した事が有りませんがいかにも京都という感じでいいですね。
    一方のカップルたちの等間隔は本当にきちんと同じように座っているのが面白いです。誰がルールを決めたわけでも無いだろうに。
    この風景も詠みましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です