退屈な塩辛とんぼ寄つて来い

蜻蛉の中で一番馴染みのあるのは、やはり塩辛とんぼではないでしょうか。見かけるのも良く見かけますし、蜻蛉自体もからかっているのだか、からかわれているのだか、近くへ寄って来ることが多いですね。とまっている蜻蛉に指をぐるぐる回して、頃合を見計らって、捕まえようとするとするりと逃げる。しばらくするとまた同じところに戻ってくる。やはりからかわれているのは人間のほうでしょうね。(2011年秋詠)

「退屈な塩辛とんぼ寄つて来い」への2件のフィードバック

  1. シオカラトンボが一番身近だったけど他にも真っ黒なカラストンボや、細くて小さくて羽が透き通って胴が青いトンボ等がいました。
    青い小さいトンボはなんて呼んでいたかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です