暖房の部屋に力の抜けにけり

緊張の糸がプッツンと切れて、身体中の力が抜けてしまう、温かい部屋にはそんな力があると思いませんか。倉敷まきび公園での吟行を終え、句会場のマービーふれあいセンターへ入った時に急に出来た句、当日出した七句のうちで最も採ってもらえた句。寒い日でしたね。(2008年冬詠)

「暖房の部屋に力の抜けにけり」への6件のフィードバック

  1. 小学6年になる春に総社に転居した。お隣の家と懇意になった母は冬のある日その家にお邪魔した。
    その家は我が家には無かった石油ストーブで部屋を暖めて有る隣家はまるで夏の様に暑い位だったとあきれていた母を思い出す。
    もう半世紀も前の冬のお話です。

  2. やはり、作ろうと思って作った句より、自然に降りてきてくれた句は力がありますね。吟行の面白みです。

  3. 今年の検診で、高血圧要診療との判定が下されました。
    普段はそんなに高くはないのですが。
    それ以来気になって、寒いところにいると、プッツン来るんではないかと思うこの頃です。
    医者に行くと、薬もくれませんでした。
    お互い気をつけよう。
    句とは逆の話ですが ^^;

    1. お久しぶりです。
      高血圧ですか。転ばぬ先の杖で、何もなくて良かったと思わないとね。
      気をつけましょう。
      最近、ついつい健康番組をみてしまうことが多い、、、(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です