缶蹴つて少年通る十二月

「あれっ、こんな句がある」とノートから見つけた句。詠んだ時のことはさっぱり記憶にないが、十二月の句だからこのあたりに入れて置かないと、また埋もれて忘れてしまうだろう。ちょっと得をした気分、、、。(2002年冬詠)

「缶蹴つて少年通る十二月」への2件のフィードバック

  1. 缶を蹴ったのは缶けりだったけど石を蹴りながらが遊んだ事は思い出します。
    缶けりで缶からあまり離れない鬼に『ちーたー缶から離りょーでー』といってはやしたものです。
    最近の子供も缶けりをするのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です