枯山と枯山からす鳴き交す

これも実家での句。Vの字の底のようなところですから、両側に高い山があります。その両側の山で鴉が鳴き交わすことが出来るのですから、どんな地形かは想像出来ると思います。寂しいことですが、すでに限界集落になりつつあります。その一因は私にも、、、。(2009年冬詠)

「枯山と枯山からす鳴き交す」への1件のフィードバック

  1. 私も故郷を離れて浮草人生です。
    とりあえず実家は弟家族が継いでいるけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です