糸で張る鯛の尾頭お正月

初祓は拝殿の最前列、できれば中央に陣取ります(そのほうがご利益がありそうな気がするのですが、実際はそんなことはありません)。その前に細長くあるのが幣殿です。拝殿より一段高くなっています。左側に大きな太鼓、右にお供えの酒樽などが並んでいます。ここの中央で神主が太鼓を響かせ、朗々と祝詞をあげます。さらにその先に階段があり、御神体が安置されている本殿があります。本殿の前にはお供えが並んでいますが、何と言っても目に付いたのが大きな鯛です。よく見ると大きすぎて形が整わなかったのか、頭と尾が糸で張ってある。これは新しい発見!と句にしたのがこの年のお正月でした、、、。毎年行きますが、糸で張られるような鯛があったのはこの年だけでした、、、。(2003年新年詠)

「糸で張る鯛の尾頭お正月」への2件のフィードバック

  1. 最前列に座ったからこそ見えた世界ですね。
    私は近くの神社に行きましたがゆっくり出かけた事も有り、行列が凄い事になっていたので素通りして猫額菜園隣の神社でお参りしました。
    今年もブログを楽しみにしています。よろしくお願い致します。

    1. 近所の小さな神社にお正月の間だけは裸電球が点っています。
      夕方になるとお参りする人もありませんが、それもまた良しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です