これよりは行者道とや雪残る

阿南公園にはいくつかのウォーキングコースが設定されているようだったが、道標はあるものの途中から全くの山道になってしまい、とうとう踏破するには至らなかった。その中の一つ、鬱蒼とした杉木立の中を二十メートルほど進んだところで道が三つに分かれ、右の道には少し入ったところにお地蔵さんが一体。中央の道が一番広く、ウォーキングコースはこちらのようだった。左の道には「←鍛治ヶ峰」と書いた道標、こちらは完全な行者道といった風情だった。そんなに登った気はしなかったが、平地にはない雪が残っていたので結構高いところまで登っていたのかも知れない。聞こえるのは風の音と鴉の声だけ、結局不安になって引き返してしまった、、、。(2011年冬詠)

「これよりは行者道とや雪残る」への2件のフィードバック

  1. 実家から川向こうに見える鶴首山の中腹には太鼓丸と呼ばれる場所が有り、昔は見張り用の櫓でも建っていたのでしょうか?
    小学生の頃だったと思いますが太鼓丸に向けて真っ直ぐ登って行った事が有ります。
    行者道も何も無い所を登って行ったので立ちはだかる木々を押しのけながら登って行き、気が付くと新品のお気に入りの皮手袋がぼろぼろになっていた苦い思い出です。
    もちろんきちんとした登山道が有ったのですが何を思ってそんな事をしたのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です