寒風にうどん屋の出汁にほひけり

寒風の中で幟の「うどん」の字が千切れそうに揺れていた。その風に乗って「蕎麦もいいけどうどんもなあ」と思わせるような出汁の良い匂いがしてきた。ここは主人の腕の見せ所、「そば屋なんぞに負けてたまるか」と思ったかどうか、とにかく食欲をそそられる匂ではあった。明日はうどん屋の負けは明白、、、。(2013年冬詠)

「寒風にうどん屋の出汁にほひけり」への2件のフィードバック

  1. どんなに美味しいうどん屋でも明日の勝負は負けに決まっているね。
    うどん県の香川県ではどうなのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です