足止むる留守の庭先梅の花

前のお宅の裏にある梅のつぼみがだいぶ膨らんでいます。緑がかった白梅です。ここは留守だろうがそうでなかろうが、思い出しては見に行きます。掲句は例によって散歩途中の留守宅、ゆっくりも見ていられないのですが、、、。(2014年春詠)

「足止むる留守の庭先梅の花」への2件のフィードバック

  1. 道を歩いていてどこからともなくいい香りがしてくる事が有りますね。
    梅は桜ほど派手ではないけれどその香りがいいです。
    家の近所に自分用の梅の名所が有っていいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です