露の玉光るソーラー発電所

去年はあちこちにソーラー発電所が出来たが、今年は少し勢いが落ちたような気がする。掲句は昨年出来たソーラー発電所、そもそもソーラーパネルが並んでいる様子は自然の景にそぐわない気がして好きではないが、この時ばかりは早朝のパネル一面が露に覆われ、しっとりとした表情を見せながら光っていた。さてそれから一年、もともと草原だった所に出来たこのソーラー発電所、周囲のフェンスは蔦に覆われ元のように目立たなくなっている、、、。(2014年秋詠)

「露の玉光るソーラー発電所」への2件のフィードバック

  1. 太陽のエネルギーを利用して発電するソーラー発電はCO2も放射能も出さない無公害型の発電だから安心できるけれど、景色に溶け込まないという面では確かに問題有りですね。
    遊休地の利用対策としていろんな所に設備されたはいいけれど、電気の買い取り価格が低下するという問題も発生している様です。
    台風による被害も心配です。吹き飛ばされて壊れませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です