身に入むや犬のため掘る墓の穴

2001年の日付があるから、我が家の初代のプードルが亡くなった時の句です。その孫が今の我が家の長老、最近目も耳も少し悪くなったようで、声をかけても気づかないことが多い。私と一緒で、実は聴こえないふりをしているだけかも知れない。年寄の特権、、、。(2001年秋詠)

「身に入むや犬のため掘る墓の穴」への4件のフィードバック

  1. 老化現象のひとつなのでしょうが、枯れて来たというのか燃えてないというのか身体が冷えて寒さが身に沁みます。
    まだこたつを出すには早いと思うのだけれど・・・・。
    県北はいつ頃出しますか?

  2. 犬は可愛いが、死ぬときがつらい。犬を飼っていると、犬を連れてなくとも、よその犬が寄って来るが、飼わなくなって2年も経つと匂いもすっかり消えて、見向きもされなくなりました。

    1. そうですね。
      死ぬ時はつらいですね。
      これ以上飼わないと決めて、現在三匹、まだまだ先は長いです、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です