饅頭屋あるじも客もマスクして

倉敷美観地区の近くの商店街にある「えびす饅頭」、通るといつも良い匂がして食欲をそそられます。昔ながらの懐かしい饅頭、私の田舎では「ふうまん」と言っていました。津山では「横綱饅頭」、一般的には「大判焼き」「今川焼き」と言ったところでしょうか、、、。(2014年冬詠)

「饅頭屋あるじも客もマスクして」への2件のフィードバック

  1. 夫婦まんじゅうがふうまんとなった様ですね。
    松山では市駅前に有る日切善勝寺がお日切さんと呼ばれ、その名を取って日切り焼きと呼ばれて売られています。
    「二重焼き」や「回転焼き」も聞いた事が有ります。

    また、名前とメールアドレスが消えました。

    1. いろんな呼び名がありますね。
      「日切り焼き」は初めて聞きました。
      名前、メールアドレスはブラウザ側の条件が何か変わって、ブログで別の人と認識しているような気がします。
      たぶんまた出るようになると思いますが、そこのところが分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です