淡雪の旅の果なる地表かな

落ちては消え、落ちては消え、落ちては消え、落ちては消え、といつまでたっても積もらない春の雪を見ていた時の句です、、、。ちょうど昨日の雪、と言ってもこの岡山県北での話になります。昨日は雪から雨に、止んだ頃を見計らって散歩に出ましたが、軟らかい土の上は少しだけ白くなっていました。そのうち突然差してきた日差は春のもの、さらに自宅近辺まで戻って来ると再び雨が、と、忙しない天候ではありました、、、。(2015年春詠)

「淡雪の旅の果なる地表かな」への2件のフィードバック

  1. 昨日は日が射して部屋の中は暖かく春の様相でしたが、一歩外に出るとやはりまだ気温は低く寒く感じました。
    暦の上では春ですが本当の春には今一歩といった様子です。
    はーるよこいはーやくこい、歩き始めた孫が外を歩き回る季節も、もう直ぐです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です