囲を抜けて蜘蛛一匹を連れ歩く

前にも書きましたが、この時期歩く度に新しい蜘蛛の巣に出会います。ぶつかる前ならそ避ける、ぶつかったらエイヤッと払って通り抜けます。問題はその払った蜘蛛の巣と一緒に蜘蛛が身体にくっついて一緒に出掛けてしまう事です。思わぬ時に首筋あたりがモゾモゾとして、何かと思って手に取ってみれば蜘蛛、、、。(2015年夏詠)

「囲を抜けて蜘蛛一匹を連れ歩く」への2件のフィードバック

  1. 前もって分かる位大きな蜘蛛の巣は避けるか避けられない時は某か何かで払いますが気が付かなかった時のあのネバネバ感は嫌ですね。
    私は蜘蛛まで連れて行った経験は無いですが、牛二さんはとんだ災難でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です